フィギュアが高値で売れるとは

私は4年ほど前に、UFOキャッチャーにはまっていました。
当時、大人気だった「ONE PIECE」や「けいおん」のフィギュアを景品にしているものが多く、たくさんゲットしては、箱からは開けず部屋に飾っていました。
しかし、UFOキャッチャーにハマり過ぎたあまり、お金を注ぎ込みすぎ金欠になってしまいました。
そこで、ゲームや漫画本を売って少しでもお金に替えようと思い、近所にある「エーツー・ブックマーケット」に行きました。
店員さんに買取品を渡し、査定を待っている間に店内を回っているとフィギュアの販売コーナーを見つけました。
たくさんの作品のフィギュアが並んでいる中に、「ONE PIECE」や「けいおん」のフィギュアもありました。
早速店員さんに「フィギュアの買取もしているんですか?」と聞くと、「はい、今はフィギュアは人気商品で需要も高く、新しく買取サービスを始めたんです。」と教えてくれました。
その日は、ゲームと漫画本の買取を済ませて店をあとにしましたが、また後日、家にあるフィギュアすべてを持って買取に出しました。
ものによっては、1体で5000円の買取値がつくものもあり、「こんなに高く売れるのか!?」と驚きました。
すべてが高値で売れたわけではないですが、フィギュアの製作メーカーによって高値になたり、また、当時の人気タイトルである、「ONE PIECE」や「けいおん」のフィギュアであったことが高い査定額に繋がったようです。
個人的には、フィギュアに興味はなく、UFOキャッチャーの景品いわば戦利品としてコレクションしていただけなのですが、それが高値で売れるということは、それよりも更に高値で買う人がいるということに、新しい文化が進んでいるんだなと感じました。
フィギュア買取の徹底比較おすすめランキング!

査定額を見て思ったこと

何でも買い取ります!という謳い文句の「お宝発見」というお店に、マクロスF(フロンティア)の一番くじシリーズのフィギュアを売りに行きました。
マクロスFの中でも特にシェリル・ノームが好きなので、シェリル以外のランカ・リーやクラン・クラン、きゅんキャラなどをまとめて10点ほど査定して頂きました。
査定内訳をみると、人気のあるランカのフィギュアが全体的に高めの査定でしたが、未開封であっても外箱の痛みや凹み、スレの激しいものは未開封であっても査定額が低め、尚且つ、量産されているきゅんキャラシリーズは少々安めだな・・・という印象を受けました。
たくさん同じものが出回っていそうな、発売されてすぐの時期には売りにはいかず、しばらく時期をあけて売りに行きましたが、マクロスFのような「旬のあるアニメ」のフィギュアは、逆に熱のある時期にすぐに売りにいったほうが査定額がもっと上がったのかな?とも思いました。
私がネットで調べた情報だと、『フィギュアに関してはたとえ中身を取り出していなくても、外箱を一度開けてしまっただけでも「開封品」というレッテルが貼られレアものでない限り査定金額もグーンと下がってしまう』とあったので、ブラインド品(中にどのフィギュアが入っているかわからないタイプ)は未開封のまま査定をしてもらいましたが、開封済のものと査定額がほぼ変わらなかったので、開封して中身確認してから売るのもアリだな、と思いました。

ゲームセンターの非売品フィギュアは高く売れない!?

ワンピースキャラのフィギュアを売った時のことです。
そのフィギュアは販売されているものではなくて、すべてゲームセンターのUFOキャッチャーで景品(非売品)となっていたものです。
ですのでサイズは大きくても高さ20センチ程度のものです。今や大人気で知らない人はいないワンピースキャラのフィギュア。
加えて非売品ということもあって、高く売れるだろう!と期待に胸を膨らませていました。
今回売りにいったのは、大手リサイクルチェーンさんです。売る前に、同じ商品があるかないか、ワンピース関係の商品がどれだけあるかを確かめるべく、店内をリサーチすることに。
その際、同じような商品が何百円単位で売られていたら、きっと査定額はそれよりもっと低いはずなので、全て売ったとしても小銭程度・・・それなら売るのをやめておこうと思っていました。
結果、店舗には予想以上にワンピース商品が多く、もちろん自分のフィギュアと同じものも売られていました。
きちんと並べられているというよりは、ぞんざいに積まれているというレベル・・・。
その中でも特別に陳列されているフィギュアは、大きめでレア、元値が高価なものでした。
後で店員さんに聞いたところ、ゲームセンターの景品は非売品であっても、たくさん流通しているらしくそこまでの高値はつかないそうです。
それを聞いて、売ることにしました。
だって、たとえ売った後で「やっぱり売らなきゃよかった!」と思ってもすぐに手に入るほど流通してるらしいですから。

セット+箱あり=高値買い取り。

結婚を機に、大好きなNARUTOのフィギュアコレクションを売った話です。引っ越しが急に決まったため、すぐ近所のホビーオフさんへ売りに行くことにしました。NARUTOは、他の人気アニメに比べて、グッズやフィギュアが格段に少なくゲームセンターの景品としてもみかけません。
ですので私が売ったフィギュアは高さ約10センチほどの小さめなものでブラインド仕様(どのフィギュアが入っているかわからない仕様)、尚且つ一般販売されているものでした。
サイズも小さめな上、もちろん全て開封済みだったので、きっと安いだろうな~と思いながら査定をお願いし、そこで番号札を渡され、呼ばれるまで店内を物色しながら待つことに。
当日は日曜日だったので買い取りカウンターが混んでおり、待つこと約20分。呼ばれ、査定用紙を覗くと意外にも私の予想を超えるお値段が付いていました。
内訳説明によると「シークレットを含む全種類が揃っていたこと」「外箱があったこと」が高値のついた理由だそうです。
気を良くした私は少々強気に出て、「もうすこし上がりませんか?」と尋ねたところ、少~しだけ上乗せしてくれました。
といっても端数を繰り上げてくれた程度ですが。今回売ってみて思ったことは、やむを得ず大好きなフィギュア達を手放すときの事を考えると、数種類あるシリーズの場合は全種類そろえておくほうが後々いいかもな~ということです。
あとは、外箱があったとしても著しくボロボロだったり汚かったりすると「箱なし」として扱われるらしいので、出来るだけ綺麗に開封してとっておくことも大事だなと思いました。

まんだらけでゴジラのフィギュア買取

子供の頃にゴジラのフィギュアを集めていたのですが、社会人になりフィギュアにも興味がなくなり、好きなブランドのバッグや靴など洋服を初めとしたものに興味が沸くようになり、一方で金銭的には欲しいものが簡単に買えるような給料ももらっていないので欲しくてもブランドの洋服は買えないことがほとんどです。
買えなくても気持ちは高ぶっていくので何かでお金を作ろうとしますが、仕事はフルでやっているので給料が増えるわけではないですし、昇給するのも今のご時勢は中々難しいものがあります。
その中でお金を作るにはと考えていくと昔子供の頃に集めていたものが時間が経つにつれて値打ちが上がっていることがあるとテレビでみたので、自分の持っているもので値打ちが上がっていそうなものを考えたところ子供の頃に集めていたゴジラのフィギュアがあると思い出したので、実家に休みの日に取りに行き、ホコリをかぶったゴジラのフィギュアを5体ほど集めて売りに行くことを決めました。
東京都内でフィギュアを買い取ってくれる有名なところと言えばすぐに思いついたのが中野にある「まんだらけ」です。「まんだらけ」では最新のアニメから昔のアニメまで幅広く扱っていてフィギュアを買いに来る人も最新のアニメから昔のアニメが好きな幅の広い顧客層のため、ゴジラでも買取の価値があると思い、まんだらけに買取をお願いしました。
最終的には全部で5,000円程度にしかなりませんでしたが、そのお金は自分の欲しかった靴に変わったので大変満足できました。